転職をする際は、大手も中小企業も構わず受けていると思います。そして、大手企業と中小企業ではもちろん職場の雰囲気も違ってきます。そのため、転職活動をする際に企業のデータとして、しっかりと見て欲しいのは従業員数です。これは職安で仕事を探す際でも、転職サイトで探す際でもデータとしてしっかりと載っているので必ずチェックをするべきです。

 

 そして、比較的従業員の数が多い会社のメリットは、フォローしてもらえる機会が多い事です。例えば、どうしても休まなければならないときなども、比較的休みやすい雰囲気もあるし、仕事自体も多くの人と一緒に行えるのがメリットです。そして、デメリットを挙げると従業員が多いと、比較的目立ちにくいときもあるので、自分の活躍が上司などからの評価に繋がらないときもあります。

 

 そして、従業員数の少ない会社のメリットは、自分の活躍が目に見えやすいことです。従業員が少ないので、自分一人に割り当てられる仕事も多くなるし、活躍している姿が上司などにも見られる機会が多いです。それから、デメリットを挙げると人数が少ないので、代わりがあまり居ないことです。つまり、休みづらい雰囲気もあるし、時には多くの仕事量を一人でこなさないといけないことがあります。

 

【参考記事】
40代の転職サイト
40代で押さえておくべき情報が満載!

 

 これらのように、従業員が多い少ないでも職場の雰囲気も、仕事自体も変わってくるので、自分はどんな会社に入ったら充実して働けるかを、転職活動の際はしっかりと考えていくべきです。