転職の回数の多い人はどうするか

 転職活動をする時に、履歴書や職務経歴書を企業側に提出することになりますが、そこでネックになりがちなのが「転職回数」です。仕事を転々としているのは、企業の人事担当者にとって非常に心象は悪いものです。しかしながら、それだけを理由に書類審査を落とすことは普通はありません。基本的には、今までどんな仕事をしてきたか、その中身を見た上で判断をしていきます。そして人気の高い企業などでは、同じレベルの人がいたときに、転職回数が多い人をはじくことがたまにあると考えると良いでしょう。

 

転職回数を「不利」にならないようにするために

 転職が多い理由には様々な理由がありますが、この理由がしっかりと根拠があり、人事担当者を納得できるだけの論理性があるかが、有利・不利の境目になります。そのひとつの基準がキャリアアップを目的とした転職をしてきたかどうかです。満遍なく、様々なキャリアを積んでいる人は、企業にとっては「バランスのある人」という印象を持ちますから、転職の回数が多いからと言ってあきらめたり、ごまかしたりすることをせず、しっかり担当者に自分の経歴を伝えるようにしましょう。書類選考で落とされても、再度交渉をすれば面接だけは受けさせてもらえる場合もあります。