派遣社員の雇用形態はキャリアになるか?

 今や、かなりの数の労働者が派遣社員の契約で仕事をしています。その多くは製造業での仕事ですが、以前まで正社員の割合が多かったホワイトカラーの職種に関しても派遣契約で働く人が増えています。転職の際に気になるのが「キャリア」ですが、派遣社員はキャリアとして考えていない人が意外と転職者の側に多くいらっしゃるようです。しかしながら、派遣社員であっても業務の内容によってはキャリアとして積極的に評価をしてくれる企業もあるので、雇用形態にこだわらず仕事の内容を重視して日々を取り組むことが転職を見据えると重要になります。

 

紹介予定派遣を活用しましょう

 派遣社員から正社員になるというケースも、ホワイトカラーの企業では多く見受けられます。それは、正社員で採用をするというよりも、しっかり個人の特性を見極めてから採用を進めたいという企業の考え方の変化がここに影響されています。また、紹介予定派遣という採用の形が市民権を得るようになりました。企業側と労働者の両方が納得した状態で入社することが、転職後に離職をしないための重要なポイントになりますので、紹介予定派遣を積極的にしている企業には注目をしておくと良いでしょう。